「台湾はAI(人工知能)とビッグデータ分析に関する先端技術を有し、それこそがバイオテク産業が発展する上での台湾の強みだ」──2019年7月に台北市で開催された国際展示会「BIO Asia-Taiwan」。来台した米Biotechnology Innovation OrganizationのJames Greenwood会長はこう発言した。欧米に続き日本でもAIを駆使したバイオベンチャーが数十億円規模の資金を調達し、事業を加速させている。台湾でも臨床現場にAIを活用する事例が相次いできた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)