World Trend欧州

ドイツBayer社、ライフサイエンス企業への事業転換総仕上げ

(2016.10.24 00:36)1pt
2016年10月24日号
平崎誠司

 ドイツのBayer社は9月中旬、長丁場の交渉の末に農業バイオ世界最大手の米Monsanto社を買収することで同社と合意にこぎ着けた。約150年前に染料メーカーとして発足したBayer社はその後世界を代表する化学大手に成長したが、近年は医薬品や農業バイオを主軸とするライフサイエンス企業への脱皮を急いでいた。660億ドル(約6兆8000億円)という巨額を投じる今回の買収はその総仕上げとなる。社会や産業の変化に伴い大胆に事業転換を進める例として同社の足取りを追ってみる。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

World Trend米国/欧州/アジアのバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧