欧州で今夏以降、バイオを対象としたベンチャーキャピタル(VC)投資の動きが盛り上がっている。特にシリーズB(会社設立後2回目の資金調達)以降の後期段階での大型投資が目立つ。評価額が10億ドル以上のいわゆるユニコーン企業が米国中心に話題となりVC投資が活発化しているが、欧州企業にも動きが広がってきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)