欧州連合(EU)のほぼ全域で有効なEU統一特許(Unitary Patent)の導入が遅れている。必須条件であるドイツによる批准が実現していないのが主因だ。EU離脱を決めている英国の位置付けがどうなるかも定まっておらず、先行き不透明感が高まっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)