ロックダウンから6カ月、バイオテククラスターへの影響

 新型コロナウイルスによるパンデミックが本格化し、ロックダウン(都市封鎖)から約半年が経過した。当初はパニックが広がり、株式市場も大きく下落した。その後、公開市場は急速に復帰し、NASDAQ市場に新規株式上場(IPO)する企業は史上最多に迫るペースだ。11月の米大統領選挙で市場がどう変わるかは依然大きな不安定要素として残るものの、コロナがボストンなどのバイオテククラスターにどのような影響を与えているかについて、今回は論じたい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)