2016年8月末、スイス・Novartis社が細胞遺伝子治療ユニット(CGTU)を解散するとの報道があり、遺伝子・細胞治療、特にキメラ抗原受容体(CAR)T細胞療法業界に大きな衝撃を与えた。市場は、Novartis社がCART療法の開発は商業的に困難と判断したとみて、同分野をリードしている米Juno Therapeutics社や米Kite Pharma社の株価は一時下落した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)