2018年9月4日から6日まで、台湾政府の主要閣僚らをはじめ、産官学の代表者ら約200人が台北国際会議センターに集まった。台湾のバイオテク産業の課題やビジョン、振興策を議論するBio Taiwan Committee(以下BTC)が開催されたためだ。注目点は、頼清徳・行政院長(首相)が閉会挨拶でも触れた、デジタルヘルスや人工知能(AI)などの取り組みである。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)