バイオ関連施設への不動産投資が欧州でも活発化

 サイエンスパークやハブなどとも呼ばれる、ライフサイエンス関連施設の不動産投資への関心が、機関投資家や製薬企業の間で急速に高まっている。このトレンドは北米で先行していたが、欧州にも波及しており、特に英国への投資を中心に盛り上がってきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)