ライフサイエンス大手のドイツBayer社による米農業バイオ大手Monsanto社買収計画について、欧州連合(EU)の行政機関である欧州委員会は2017年8月末、競争法(独占禁止法)の観点から詳細な調査を開始すると決定した。今回の決定は、買収規模の大きさから予想されていたものの、欧州委の判断によっては買収後の事業内容や買収完了時期に影響を及ぼす可能性もある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)