World Trend欧州

台頭するスイスのバイオベンチャー・エコシステム

(2019.09.09 00:36)1pt
2019年09月09日号
花村遼 = アーサー・ディ・リトル・ジャパン プリンシパル:ヘルスケア担当、菊地慧 = アーサー・ディ・リトル・ジャパン コンサルタント:ヘルスケア担当

 バイオテクノロジーの歴史を紐解くと、バイオテクノロジーの勃興期とされる1970年代を支えたのはアメリカであった。スイスではアメリカから遅れること約20年、1990年代後半からバイオテクノロジー産業が始まったとされるが、人口約850万人あまりの小国でありながら今や世界有数のバイオ国家となっている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧