World Trend米国

PARP阻害薬などSynthetic lethality分野への投資が活発化

(2017.08.28 00:38)1pt
2017年08月28日号
布施紳一郎=MPM Capital

 Poly-ADP-ribose polymerase (PARP)阻害薬である英AstraZeneca社のLynparza (olaparib)がBRCA遺伝子変異陽性の卵巣癌において2014年に初めて承認されて以来、synthetic lethality (合成致死性)分野への注目が増している。synthetic lethalityとは、1つの遺伝子変異(主に欠損)では細胞(この場合癌細胞)に致死性を示さないが、2つ以上の経路が同時に欠損、または阻害されることにより、細胞死が起きる現象を指す。Synthetic lethality 分野の好例であるPARP阻害薬は、1重鎖DNA損傷を修復する機能を持つPARPと、2重鎖DNAの損傷を修復するBRCAを治療標的とした医薬品。DNA損傷が起きた際、何らかの原因でPARPが機能しない場合でもBRCAが機能すればDNA損傷は修復される。しかし、BRCA変異を持ちBRCAが機能しない細胞でPARPを阻害すると細胞死が起きる。PARP阻害薬は、BRCA変異の有無を確認するコンパニオン診断薬と共に用いる。このように、作用機序が明確かつ効果が示されていることから、synthetic lethality分野の医薬品の開発が活発に手掛けられている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

World Trend米国のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 製造業ゲームチェンジ ― 「バイオエコノミー」の衝撃 <テクノロジーNEXT 2018>
    2018年6月13日(水)開催 [東京・御成門]
    セルロースナノファイバー、スマートセルインダストリー、DIYバイオなど、製造業でも台頭してきたバイオ関連技術が、自動車や電機、素材、エネルギー業界などに与えるインパクト。その将来性、応用可能性を探る。
  • 「日経バイオ年鑑2018」<新刊>
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • 「バイオベンチャー大全 2017-2018」
    国内の未上場バイオベンチャーの企業データをすべて網羅しました。提携先を探し求める製薬会社にとって、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、自社の経営戦略を見極めるうえで有益となる重要情報を開示します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧