「夜の店」対策でも素早かった台湾感染症対策の初動

 「コロナパンデミックの中、アジアで今年初めてとなる国際的なバイオイベントを予定通り開催できた」。2020年7月、台北市で開催された国際展示会「BIO Asia-Taiwan」の開幕式で、蔡英文総統は宣言した。ソーシャルディスタンスを取っていない大勢の来賓とメディア関係者を前に、その言葉には対コロナの勝利宣言の意味が込められていたと私は感じた。蔡総統は「国際的に評価される台湾のコロナ対策が、台湾バイオ産業に新たな戦略と契機をもたらし、国際的なビジネスチャンスを切り開く」と続けた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)