新型コロナワクチン確保でEUと一線を画す英国

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の新規患者が増えたことで警戒感を強める米国とは対照的に、欧州各国ではCOVID-19の対策を緩める動きが広まっている。英国では飲食店やパブなどの店内営業や美容室の営業が再開し、繁華街は歓喜する人であふれている。入国者に対する自己隔離措置も廃止し、人の移動を促し始めた。夏の欧州は観光産業の最盛期でもあり、早期の経済復活には緩和措置が欠かせないとの考えが根底にある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)