英国の欧州連合(EU)離脱をめぐり、医薬品分野における双方の駆け引きが本格化してきた。欧州医薬品庁(EMA)が、離脱後には英国を除外するという内容の医薬品規制指針を公表したのに対し、英国の担当大臣が7月初め「EUとの協力の扉は常に開かれている」とする書簡を主要紙に発表するなど、にわかに動きが活発化している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)