2013年から2015年半ばまで続いた史上空前の新規株式公開(IPO)ブームに比べ、2016年はIPOの数が少なかった比較的静かな1年であったが、2017年第2四半期に入り再び勢いを取り戻している。2017年1月1日から6月30日までには18社が上場を果たし、このうち14社が2017年4月以降に上場。第2四半期に入り一気に株式市場に勢いが出ている状況だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)