淘汰始まる中国バイオテック、ドラッグラグの解消成るか

 筆者は、2022年6月に米サンディエゴで開催された「BIO International Convention」に参加した。3年ぶりの対面開催となり大いに盛り上がったのだが、コロナ前まで目立っていた中国本土からの参加者は、今回ほとんど見られなかった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)