米Nasdaq市場に新規株式公開(IPO)するバイオベンチャーの数は、2014年の記録的な66件をピークに、2015年は42件、2016年に28件、2017年に31件と、少し落ち着いていたが、2018年上半期に入り再び加速してきた。2018年6月27日現在までに、既に28社が上場し、さらに8社が米証券取引員会(SEC)に上場申請書(S-1)を提出済みである。これらを含めると、既に現時点で過去2年のIPO数を上回ることは確実で、2014年のピークに迫る勢いだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)