筆者が経営するちとせグループでは、東南アジアの複数の研究機関との技術提携や人材交流、共同研究を行っている。各国の様々な研究室を訪れると、設備や人材のレベルがこの十数年の間に目を見張るほどの成長を遂げていることに気付かされる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)