真夏の果実が出回る台湾では今、経済番組は米中貿易戦争で、政治番組は総統選の話題で、例年以上に熱い盛り上がりを見せている。バイオテク業界も今春、Medigen社(基亞生物科技)やEirGenix社(台康生技)などの創薬バイオベンチャーが相次いで海外大手製薬への導出に成功し、再び熱を帯びてきた。そんな中、大手企業による参入が相次いでいることから、メディカルデバイス分野への注目度がじわじわと高まってきている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)