欧米で合成生物学が再脚光、過去10年分の投資が一気に流入

 2021年は、合成生物学分野における投資が記録的な水準となった。米国の合成生物学コミュニティーであるSynBioBetaの発表によると、2021年の合成生物学分野のスタートアップへの投資額合計は世界全体で180億ドル(約2兆3000億円)に上ったという。合成生物学領域のスタートアップへの投資が行われ始めた2009年から2020年までの投資額合計と同程度の額が、この1年間で一気に投資されたことになる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)