2019年の米国遺伝子細胞学会(American Society of Gene and Cell Therapy: ASGCT)が4月29日から5月2日にかけて、首都ワシントンDCで行われた。2018年の約3500人に比べ今年の参加者は4700人を記録し、会場からは人があふれていた。ポスター会場は歩くのが困難なほど賑わっており、4月の当コラムで紹介した通り、遺伝子細胞治療分野の勢いを感じ取れる学会となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)