コロナ禍で一変した日本人の台湾観

 「中国を上手に活用した製造業、これこそが台湾の強みだと思っていました。しかし、コロナでまったく見方が変わりましたね」。2022年3月、日系シンクタンクのベテラン研究員は、台湾のイメージをこう語った。彼はコロナ禍を経て、台湾半導体産業の圧倒的な強さ、コロナ感染拡大を効率的に封じ込めている台湾の公共衛生力やデジタル力の高さを思い知らされたという。台湾から学ぶべきものがあるのではないか、そう考えた彼は最近、台湾のイノベーションに関するリサーチを開始した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)