昨今、治験の国際化は急速に進み、国際共同治験の中に欧米やアジア各国のサブグループを含めることで、データを一国だけではなく各国の承認申請に使えるようにするスキームが整いつつある。日本人の治験データも、膨大なグローバル試験データの中の数あるサブグループを構成する一要素という位置付けになりつつある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)