英CGTカタパルトが細胞遺伝子治療で政策提言

 2022年3月、英国の細胞遺伝子治療の産業化支援機関であるCell and Gene Therapy Catapult(CGTカタパルト)が、細胞遺伝子治療の本格的な産業化に向けて、英国が今後10年間で取り組むべき方向性や施策を提案した文書「National Cell and Gene Therapy Vision for the UK」を発表した。この文書は英政府の研究開発支援機関であるInnovate UK、アステラス製薬の遺伝子治療研究開発推進部門のAstellas Gene Therapies社、米Bristol Myesr Squibb社、米Gilead Sciences社、およびスイスNovartis社の協力によって作成された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)