新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は米国でも急速に広がり、米国経済に想像を絶する影響を与えている。ダウ平均株価は2月中旬の最高値から3割以上も下落。さらに失業手当は3月28日までの2週間で、過去最悪の約1000万人が申請するなど、10年以上続いた好況市場は一瞬にして急転した。現時点で、米国および世界経済が不況に入ることは確実視されている。筆者の住むマサチューセッツ州を含め、ほとんどの州がロックダウン(都市封鎖)に入っている。レストランやホテルはもちろんのこと、ほとんどのオフィスや学校、研究機関が閉鎖されている状況にある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)