2020年2月25日、日本政府は、中国の湖北省武漢市が起源と考えられている新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)による感染症(COVID-19)に対する対策基本方針を発表。3月13日には、新型インフルエンザ等対策特別措置法が改正され、COVID-19にも適用されるようになった。総理大臣が「緊急事態宣言」を出せば、都道府県知事は法的根拠に基づき、住民の外出やイベントの開催などを制限できる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)