近年注目を集めるゲノム編集技術を使って開発した作物が遺伝子組換え作物(GMO)に相当するかどうかをめぐり、欧州で混乱が続いている。GMO規制の対象となるかどうかをEU(欧州連合)が明確にしていないことに対し、研究開発を進めたい大学研究者や企業、およびGMOに反対する団体の双方から批判が高まっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)