欧州、特に英国を中心に海洋プラスチックごみ問題の解決に向けて規制整備が進む中、消費財業界各社はCSR(企業の社会的責任)の視点を超えた事業戦略課題として、同問題への対応を迫られている。特に、消費者との接点を有する飲料メーカー等への風当たりは強い。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)