新薬や新医療機器の有用性を調べ公的医療保険の対象にすべきかどうかを決める医療技術評価(HTA)について、現在は国別に実施している評価を欧州連合(EU)で一本化しようとする動きが始まった。EUの行政機関である欧州委員会が1月下旬に新制度を提案した。新薬の販売承認審査については既に欧州医薬品庁(EMA)という共通制度があるが、一本化の取り組みをHTAにも広げようという試みだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)