World Trend米国

CRISPRの特許闘争Broad軍配も、「勝利」宣言にはまだ早い

(2017.02.27 00:38)1pt
2017年02月27日号
布施紳一郎=MPM Capital

 近年、生物学で最大の発明として注目を浴びるゲノム編集技術CRISPRに関する、米University of California Berkeley(UC)と米Broad Institute of Harvard and MIT(Broad)間の特許闘争において、2017年2月15日、米国特許商標庁(USPTO)はBroadの特許がUC側の特許申請に抵触しないという裁決を発表した。科学者の間ではUC側のJennifer Doudna教授とオーストリアUniversity of Vienna(当時)のEmmanuelle Charpentier客員教授(現ドイツMax Planck Institute感染生物学研究所所長)の発明が先、との意見が大半であるため、Broad側の主張をほぼ完全に認めたUSPTOの裁決には驚きの声も少なくなかった。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

World Trend米国のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧