2015年に国連サミットでSDGs(持続可能な開発目標)が採択されたことに代表されるように、全世界的にサステイナビリティに対する関心が高まっている。中でも注目が増しているトピックの1つがプラスチックごみによる海洋汚染問題だ。同問題については、近年の消費者意識の高まりに加え、プラスチック廃棄物の最大の輸入国であった中国が廃棄物の輸入規制を実施したため、各国や関連企業にとって対応の必要性が増している。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)