2016年の米国バイオテク業界は主に大統領選挙や薬価問題などのマクロ要因に左右される一年となったが、振り返ってみればNASDAQ Biotechnology Indexは年始の3428ドルから約20%低い2772ドルで年を終えた。ミクロの視点でも様々なニュースが流れたが、中でもボストン郊外ケンブリッジ市に本社を置く、バイオテク大手の米Biogen社にとっては変化の年であった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)