審査報告書を読む

「オプジーボ」ニボルマブ

ニボルマブが体重換算用量から固定用量へ、体重が軽い場合は投与量倍増となる患者も
(2018.12.17 00:35)1pt
2018年12月17日号
軒原 浩=徳島大学病院臨床試験管理センター特任講師

 免疫チェックポイント阻害薬の登場により、ここ数年、様々な癌種の標準治療が大きく変貌している。現在、programmed cell death-1(PD1)に対する抗体(抗PD1抗体)としては、小野薬品工業の「オプジーボ点滴静注」(ニボルマブ)とMSDの「キイトルーダ点滴静注」(ペムブロリズマブ)の2剤が、programmed cell death ligand-1(PD-L1)に対する抗体(抗PD-L1抗体)としては、メルクセローノの「バベンチオ点滴静注」(アベルマブ)、中外製薬の「テセントリク点滴静注」(アテゾリズマブ)、アストラゼネカの「イミフィンジ点滴静注」(デュルバルマブ)の3剤が、承認されている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

審査報告書を読むのバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧