今回は、2018年3月、パーキンソン病(PD)の効能・効果で承認された武田薬品工業の「アジレクト錠」(ラサギリンメシル酸塩)を取り上げる。本剤はイスラエルTechnion - Israel Institute of Technologyが創製し、イスラエルTeva Pharmaceutical Industries社が開発したPD治療薬で、Monoamine oxidase-B(MAO-B)を選択的、非可逆的に阻害して脳の黒質線条体におけるドパミン濃度を上昇させ、主にPDの運動症状を改善する。05年に欧州とイスラエル、06年に米国で承認され、2017年10月現在、50カ国以上の国・地域で使用されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)