審査報告書を読む

「ヘマンジオルシロップ小児用」 プロプラノロール塩酸塩シロップ

発症率1%の乳児の良性血管性腫瘍 公表文献など最大限活用し開発を推進
(2016.10.24 00:34)1pt
2016年10月24日号
成川 衛=北里大学大学院薬学研究科教授

 今回は、2016年7月に承認されたマルホの乳児血管腫治療薬「ヘマンジオルシロップ小児用」(プロプラノロール塩酸塩シロップ)を取り上げ、その承認審査の概要について説明する。ヘマンジオルシロップの有効成分であるプロプラノロール塩酸塩は、言わずと知れた交感神経β受容体の遮断薬である。プロプラノロールが日本で初めて承認されたのは1966年8月で(商品名『インデラル錠』『同注射液』)、それ以降、高血圧や狭心症、不整脈等の治療に用いられてきた。ヘマンジオルシロップは、これを乳児血管腫に対する治療薬として、小児が服用可能なシロップ剤としたものであり、マルホにより開発、承認された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

審査報告書を読むのバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧