審査報告書を読む

「スピンラザ髄注」 ヌシネルセンナトリウム

国際共同PIIIは中間解析で有効中止、日本で初のアンチセンス核酸医薬
(2017.10.23 00:34)1pt
2017年10月23日号
成川 衛=北里大学大学院薬学研究科教授

 今回は、2017年7月に承認されたバイオジェン・ジャパンの脊髄性筋萎縮症(SMA)治療薬「スピンラザ髄注」(ヌシネルセンナトリウム)を取り上げ、その承認審査の概要について説明する。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧