今回は、塩野義製薬により申請され、2019年3月に「小児期における注意欠陥/多動性障害(AD/HD)」の効能・効果で承認された「ビバンセカプセル」(リスデキサンフェタミンメシル酸塩)を取り上げる。本剤はd-アンフェタミンとL-リジンがアミド結合したプロドラッグであり、赤血球に存在するアミノペプチダーゼにより分解されることで薬効を発揮する。d-アンフェタミンは海外では1937年に承認されており、AD/HDの治療薬として長年使用されてきた。本剤は、プロドラッグ化することで、d-アンフェタミンの急激な血中濃度の上昇を抑制し、徐放剤と同様の薬物動態を有するように設計された薬剤である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)