審査報告書を読む

「サブリル散分包」 ビガバトリン

眼障害リスクで日本で開発中止された過去、ベネフィット踏まえ安全性は許容可能と判断
(2016.09.26 00:34)1pt
2016年09月26日号
浅田 隆太=岐阜大学医学部附属病院准教授

 点頭てんかんは、通常1歳未満の乳児に発症するてんかん症候群であり、日本ではウエスト症候群と呼ばれることもある。主な症状は、スパズムと呼ばれる筋攣縮発作、ヒプスアリスミアと呼ばれる異常脳波、精神運動発達遅滞の3つ。3歳までに約50%、5歳までに約90%の点頭てんかん患者においてスパズムの消失が認められるものの、50%から70%の患者は強直間代発作等の、他の発作型に移行する。また、20%から50%の患者はLennox-Gastaut症候群に移行することが知られている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

審査報告書を読むのバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧