非小細胞肺癌(NSCLC)については、ゲノム研究の活発化で幾つもドライバー変異が同定され、それらを標的とした薬剤開発が進行している。上皮成長因子受容体(epidermal growth factor receptor:EGFR)遺伝子変異陽性のNSCLCに対しては、「イレッサ」(ゲフィチニブ)、「タルセバ」(エルロチニブ)、「ジオトリフ」(アファチニブ)、「タグリッソ」(オシメルチニブ)が承認され、未分化リンパ腫キナーゼ(Anaplastic lymphoma kinase:ALK)融合遺伝子陽性のNSCLCに対しては「ザーコリ」(クリゾチニブ)、「アレセンサ」(アレクチニブ)、「ジカディア」(セリチニブ)が承認されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)