「ソリリス点滴静注」エクリズマブ/「エンスプリング皮下注」(サトラリズマブ)

 今回は、「視神経脊髄炎スペクトラム障害(NMOSD)の再発予防」の効能・効果で2019年11月に承認された「ソリリス点滴静注」(エクリズマブ)と、同じ効能・効果で2020年8月に承認された「エンスプリング皮下注」(サトラリズマブ)を取り上げる。いずれもNMOSDの発症に関与するとされる補体(C5)およびインターロイキン6(IL-6)に対するモノクロナール抗体であり、その働きを阻害することで、中枢神経における炎症を抑制する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)