審査報告書を読む

「アミヴィッド静注」フロルベタピル(18F)注射液

アミロイドβの蓄積を可視化する放射性診断薬、神経病理学的所見との一致性などが論点に
(2017.03.27 00:34)1pt
2017年03月27日号
成川 衛=北里大学大学院薬学研究科教授

 今回は、2016年12月に承認された富士フイルムRIファーマの陽電子放射断層撮影(PET)画像検査用の放射性診断薬「アミヴィッド静注」(フロルベタピル(18F)注射液)を取り上げ、その承認審査の概要について説明する。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

審査報告書を読むのバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧