今回は、2016年5月、「他の抗てんかん薬で十分な効果が認められないてんかん患者の部分発作、強直間代発作に対する抗てんかん薬との併用療法」を効能・効果として承認されたエーザイの「フィコンパ錠」(ペランパネル水和物製剤)を取り上げる。てんかんは、中枢神経ニューロンの同期的かつ過剰な放電による発作が繰り返し出現する疾患である。原因となるニューロンの興奮には主に神経伝達物質としてグルタミン酸が、ニューロンの抑制にはGABAが関与すると考えられ、近年ではレベチラセタム、ラコサミド等、シナプス部位に多様な形で作用する抗てんかん薬が承認されている。本剤は、グルタミン酸受容体のシナプス後膜に存在するAMPA受容体に選択的に作用することで発作を抑制する選択的AMPA受容体拮抗薬だ。新規作用機序を有する抗てんかん薬であることから、特に難治性てんかん患者に対する併用薬として期待されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)