2017年9月27日、グラクソ・スミスクラインは、「ベンリスタ点滴静注用」(ベリムマブ(遺伝子組換え))の製造販売承認を取得した。ベリムマブの効能・効果は、「既存治療で効果不十分な全身性エリテマトーデス」である。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)