「エムガルティ皮下注」ガルカネズマブ

 今回は、2021年1月、「片頭痛発作の発症抑制」の効能・効果で承認された「エムガルティ皮下注」(ガルカネズマブ(遺伝子組換え))を取り上げる。本剤は米Eli Lilly社が創製した、カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)に対する遺伝子組換えヒトIgG4モノクロナール抗体であり、CGRPに結合して片頭痛発作の発症を抑制する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)