研究室探訪(第28回)

ルイス酸触媒でペプチド合成、製造コストを大幅に低減も

中部大学分子性触媒研究センター
(2019.10.07 00:33)1pt
2019年10月07日号
橋本宗明

 中分子創薬のモダリティとして注目されているのがペプチドだ。アミノ酸が数珠つなぎになった構造をしたこの分子は、低分子化合物では標的にできない蛋白質と蛋白質の相互作用などを標的にできる一方で、高分子の抗体医薬などとは違って細胞内の標的も狙える、化学合成で製造できるために品質管理が容易であるなどの利点があり、ペプチドリームやそーせい、ステムリムなどのベンチャーの他、塩野義製薬、中外製薬などの製薬企業も研究開発に力を入れている。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧