ヒトからハエ、またヒトへ、アルツハイマー病解明に挑む

 東京大学大学院薬学系研究科の鈴木利治助教授(現北海道大学薬学部教授)の下で博士課程を終えた飯島室長が博士研究員の研究室として選んだのが、生命科学における最高峰のシンポジウムを毎年開催することでも有名な米Cold Spring Harbor Laboratoryだった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)