印刷する

閉じる

研究室探訪(第26回)

サメ抗体の単一可変領域、創薬での活用に向け基盤構築

愛媛大学プロテオサイエンスセンター・プロテオ創薬科学部門(竹田研)
(2019.04.08 00:33)1pt
2019年04月08日号
橋本宗明

 「アカデミアに創薬など無理だと言われるが、我々は本気で取り組んでいる」。愛媛大学のプロテオ創薬科学部門の竹田浩之部門長はこう強調する。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み