サメ抗体の単一可変領域、創薬での活用に向け基盤構築

 「アカデミアに創薬など無理だと言われるが、我々は本気で取り組んでいる」。愛媛大学のプロテオ創薬科学部門の竹田浩之部門長はこう強調する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)