東京農工大学大学院工学研究院生命機能科学部門/工学府生命工学専攻 吉野知子 教授

 「チャンスがあれば自分で取りに行くタイプ」──自らの性格をそう分析する。原体験は5人兄弟の末っ子として生まれた家庭環境にある。「人生は常に競争」と考える両親の下、末っ子だからといって甘やかされることは無かった。おやつの時間なら、兄2人姉2人を押しのけて、欲しいものは自分の力で奪い取らなければならない。こうした環境で育った吉野知子は2つのことを身に付けた。目の前に現れたチャンスには貪欲にチャレンジすること。そして、自分より力のある相手に勝つ方法を自分の頭で考えることだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)