東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻 酒井崇匡 准教授

 高分子の網目構造に溶媒を含んだ高分子ゲルは、高分子の間に水分を含むと膨らんだり形が変わったりする。生体軟組織と類似していることから、人工軟骨などのバイオ材料として期待されている。だが、強度に問題があったり、膨張して組織を圧迫するなどの問題があり、実用化は容易ではない。その難問を解決しようとしているのが東京大学大学院工学系研究科バイオエンジニアリング専攻准教授の酒井崇匡だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)